1916年、第1次世界大戦のさなかに三菱財閥4代目総帥の座に就いた岩崎小弥太は、三菱の各事業部を株式会社化。三菱銀行、三菱商事、三菱電機などを独立させ、現在の巨大企業グループの原型を築いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。