2006年に米国でホウレンソウからO157が検出され、死者も出て大騒ぎになった事件を覚えているだろうか。これは食システム(食料の生産・流通・消費体系の全体)の構造問題に起因していて、いつでも同様のことが起こり得ると著者は言う。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。