今年の大発会は大きく荒れた。中国経済への先行き不安から1月4日の日経平均株価は大幅に下落、昨年12月30日の大納会の終値に比べて582円安の1万8450円を付けた。ただ、株価全体が下落しても、個別で見れば上昇する株もある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。