設備投資の先行きをみる上で有用な指標に設備稼働率がある。設備稼働率とは、生産能力に対する生産数量の割合である。製品への需要が大きく稼働率が高まると、企業は生産能力を増強するため設備投資を行おうとする。逆に稼働率が低ければ、既存事業の資本収益率が低くなるため、投資は難しくなる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。