明治から昭和初めにかけて一代で浅野財閥を築いた実業家、浅野總一郎氏が創立した浅野学園。校訓に基づく教育方針は、勉強と運動を両立させる「文武両道」であり、受験一辺倒ではなく、幅広い視野を持つべく着実な成長を目指す「各駅停車」だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。