難航していた環太平洋経済連携協定(TPP)交渉が2015年10月に大筋合意に達した。米国、日本、オーストラリア、ペルー、ベトナムなどの12カ国が巨大な経済圏をつくろうという野心的なもので、GDP合計にして28兆ドル、世界経済のざっと4割を占める。域内の関税は撤廃または引き下げられ、知的財産権や投資などのルールも共通化される。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。