公立中高一貫校が求める人材、「自分で考えて結論を導き、それを表現できる生徒」に、わが子を育てるためには、家庭ではどう子どもと接していけばいいのか。まずは、「子どもと真摯に向き合い、きちんと話をすることが必要」(若泉敏・スクールETC代表)である。子どもが発する「なぜ」「何」といった質問にきちんと答える。その答えに対して子どもが思ったことを発言させる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。