企業の利益が増加している。他方で、賃金所得は目立って増加しない。なぜこのようなことになるのか? そして、これに対していかなる対処が必要か?一見したところ、企業は人件費を削減することによって利益を増やしている。そこで、「企業はもうかっているのに、内部留保としてため込んでいる。だから、それを賃金に配分せよ」という意見が出てくる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。