50年前、65歳以上の高齢者1人に対して20~64歳は9.1人いて、高齢者を若者が「胴上げ」する社会だった。それが、2012年には高齢者1人を若者2.4人が支える「騎馬戦型」になり、50年には1.2人で1人を支える「肩車型」の社会がやって来る。35年後ということは、そのとき肩の上に乗っているのは、今の30歳以上の世代だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。