先の第8回ラグビーW杯。この大会で五郎丸歩選手が一躍スターになったが、忍者のように両手を合わせる独特なルーティン(慣習にしている動作)とキックの正確さだけを記憶にとどめておくのは、ラグビー日本代表の活躍をミニマムに楽しむことになる。確かに五郎丸選手の存在は、日本代表になくてはならないものだったが、強豪・南アフリカを破り3勝1敗の好成績で世界を驚かせた快進撃には、それを可能にした入念な準備があった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。