経営学者であるピーター・ドラッカーは「企業とは人であり、その知識、能力、絆である」と説いた。社員の健康を害するブラック企業など言語道断。積極的に社員の健康寿命を延ばす施策に取り組む企業が増えている。公共施設やオフィスの情報・通信サービス(ICT)を手掛ける内田洋行グループも「健康経営」に取り組む一社だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。