永田町に季節外れの“お化け”が出没している。来年夏の「衆参同日選挙論」のことだ。事の発端は自民党国会対策委員長の発言。11月28日、秋田県大仙市で行った講演で佐藤勉が話した。 「甘く見ないで、来年ダブル選挙があるかもしれない。皆さんのご協力をお願いしたい」 国対副委員長の御法川信英が主催した会合だけに、単なるリップサービスと見なされてもおかしくはない程度の話だった。現に新聞各紙は翌日の朝刊でベタ記事として小さく扱っただけ。ところが、幹事長の谷垣禎一が佐藤に追随したため騒ぎが大きくなった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。