地方銀行業界で、「西の火薬庫」と評される九州の地銀。有力地銀が不振に陥った地銀を救済する形で規模の拡大を図ってきたからだ。しかし、健全なトップバンク同士が経営統合して以降、ステージが変わり、残された“椅子”をめぐる争奪戦が激しさを増してきた。再編ドミノは止まらない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。