第2次安倍内閣の発足から間もなく3年がたつ。その間の政策運営を通じて明らかになったのは、デフレ脱却や内需拡大には名目賃金の十分な上昇がやはり重要であり、金融政策だけで実現することは容易でないということだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。