「軽減税率を入れるのは面倒くさい」──。かつて副総理兼財務相の麻生太郎が語った本音が現実のものになりつつある。2017年4月1日、消費税率を現行の8%から10%に引き上げる際に軽減税率を導入する方針は決まったものの、具体的な制度設計に入ってからは堂々巡りが続く。早くも「本当に導入できるのか」(自民党幹部)という声すら漏れてくる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。