11月1日付「読売新聞」の政治面のベタ記事に目が引き寄せられた。 「参院合区 広田氏不出馬」こんな見出しが付いた記事はわずか12行。掲載を見送った新聞もあったが、この記事は奥が深い。野党第1党の地位を占めながら一向に主導権を握れないままズルズルと時間を空費する民主党の苦悩が凝縮されている。広田氏とは参院高知選挙区で2回連続当選し、来年夏に改選を迎える広田一(47)のこと。民主党参院議員の若手のホープとされるだけに党内に広がった衝撃は小さくなかった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。