新卒学生の就職活動に関して、今年は大きなルール変更があった。日本経済団体連合会(経団連)が、学業優先を掲げる政府の要請を受ける形で、加盟企業の採用選考の解禁日を昨年までの4月1日から8月1日へと4カ月繰り下げる指針を出したのだ。果たして、採用活動の早期化是正を目指したこのルール変更は奏功したのだろうか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。