毎年9月末から10月頭は、生命科学研究業界がそわそわする時期である。研究者の端くれであれば各人、イチオシの候補者を話題にする。学内の友人とのランチの折に聞いてみると、「線虫業界は『マイクロRNA』の研究者にあげてほしいと皆、言っています♪」とのこと。「線虫の人たちは仲がいいね。『エピジェネティクス』は広過ぎて、誰にあげたらよいか分からないし……」「あれ? まだ取ってなかった?」「『X染色体不活性化』のメアリー・ライオンは亡くなったのよね……」と話に花が咲く。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。