「現代は、スキマ時間の価値が格段に高まっています。常にインターネットにつながり、どこでも仕事や情報収集ができる。電車の待ち時間などのちょっとした時間に、ゲームのような暇つぶしではない、価値ある時間の使い方を提供したい」そう語るのは、本の要約サイト「フライヤー」の大賀康史社長だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。