徳川家康の九男・義直が1610年、清洲から尾張藩都を丸ごと移転させて誕生した名古屋。そんな人工都市だけに独特の発展を遂げてきた。だが、東京と大阪に挾まれた土地柄もあって“三男坊”から抜け出せないまま。それが、リニア開通の決定に伴って変貌を遂げ、大阪の背中を捉え始めている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。