地方創生の一つの鍵が、地方産品が全国で認められ、地方の活力へとつながる流れをつくれるかにあります。岩手県盛岡の地ビールといえば「ベアレンビール」。クラフトビールとして確固たる評価を得ていますが、そのビール造りの艱難辛苦をまとめたのが『つなぐビール』。事業の基本は、売上高ではなく岩手の人たちとビール文化を育む姿勢にあります。地域に根差し、町を幸せにする志はいかに実現されるのか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。