自民党総裁として再選された首相の安倍晋三は残り任期3年を手にした。これを全うすれば政治の師、小泉純一郎を超える長期政権になるが、それほど簡単ではない。安全保障法制に匹敵するような大きな政治目標が定まっていないからだ。1期目はアベノミクスを掲げ“ロケットスタート”に成功した安倍だが、再選後のインタビューで「継続は力」と述べている。それは新たな政策目標が定まらないことの裏返しともいえる。逆に安倍の背中には多くの「継続案件」が重くのしかかる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。