日本銀行の物価目標は消費者物価総合指数で2%だが、政策判断の際には、総合指数を相対的によくトレースしているコア指数──総合から生鮮食品を除いた指数──を用いている。ただ、原油価格の動きが総合指数、コア指数に影響を与え、物価の基調判断を難しくしている。民間のコア物価見通しは、来年度前半ごろに2%とする日銀よりもかなり低い。また、足元はほぼゼロのコア物価上昇率がインフレ予想を下げる可能性もある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。