カリフォルニア州、エルモンテ。労働者階級の住民が多く住むこの市の市役所の前には、ペパーミント色のペンキで塗られた自由の女神像が立っている。移民大国米国を象徴するような光景だが、実はこの市は、米国永住権目当てで海外マネーが流入するメッカなのだ。さらに中国本土からの投資金をめぐる不正と訴訟のバトルの舞台にもなった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。