日本の自動車メーカー各社が相次ぎ自動車レースへの復帰を表明した。今年、ホンダが7年ぶりにF1に参戦。トヨタ自動車も18年ぶりに世界ラリー選手権に復帰し、2017年にはライバル・独フォルクスワーゲンと激突する。日産自動車も16年ぶりに仏ル・マン24時間耐久レースに参戦するなど、レース界が活況を呈している。知られざる世界の“レース村”の商慣習とテクノロジーの最前線を追うとともに、レースに再び本腰を入れる自動車メーカーの思惑を描き出す。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。