100年目の夏にふさわしい盛り上がりだった。第97回全国高校野球選手権大会は、決勝で東海大相模(神奈川)が仙台育英(宮城)を破り、45年ぶりに優勝した。私が生まれたのが、東海大相模が前回優勝した1970年。自分が生きてきた分だけ優勝していなかったと思うと、改めて高校野球の歴史を感じずにはいられなかった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。