新進気鋭の憲法学者として、首都大学東京法学系准教授の木村草太氏は、『集団的自衛権はなぜ違憲なのか』において、感情に流されず、この問題の経緯を理論的に丁寧に追究している。昨年7月1日の集団的自衛権を部分的に容認した閣議決定の性格についてこう分析する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。