日本人の死因、第4位の脳卒中。死亡率こそ治療の進歩で低下しているが、患者数は相変わらず多い。くも膜下出血など脳出血は激減したが、逆に血管が詰まる脳梗塞は増加している。脳梗塞の危険因子は高血圧などの生活習慣病と喫煙、飲酒、そして加齢。脳梗塞のタイプによっては主要な血管が詰まり、脳の広い範囲が障害され死亡率も高い。また運よく回復したとしても、言語障害や運動機能障害が残る。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。