今年2月下旬、旧正月である「春節」を迎えた北京では、中国の特権階級の子弟のみが参加することができる集いが開かれていた。「延安児女聯誼会」──。これは「延安で育った子供たちの友情を深める会」という意味だ。この陝西省延安市というのは、取りも直さず日中戦争や国共内戦当時の共産党の本拠地があった中国革命の聖地であり、そこで育った子供たちは高級幹部の子弟を意味する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。