「まだ経営再建の手術台に立っている最中ですから」。ハイアールアジアの伊藤嘉明社長は、足元の現状についてそう率直に語る。決算公告によると、同社の2014年12月期の単体売上高(海外除く)は、355億円。営業利益は26億円で、三洋電機時代から実に15年ぶりに黒字転換を果たした。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。