今月は、いつにも増して自信を持ってお薦めできる3冊。まずは、『ワーク・ルールズ!』。グーグルの人事担当上級副社長が、同社の採用、育成、評価、福利厚生の全てを明らかにします。著者自身が、「あらゆる企業の人の扱いに影響を与えたい」と入社し、6000人から6万人に拡大する過程で構築した人事システムは、「心地よく働ければ生産性は自ずと向上する」の一点に集約されます。現場への権限委譲はイノベーションの源泉。課題となったテーマは徹底的に検証し、数値化する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。