HMと聞いて、皆さんは何を思い浮かべるだろう。スウェーデンのファッションブランドとか米国のハードロック雑誌だろうか、それともホットケーキミックスか。私を含め多くの脳科学者にとってHMといえば、脳に損傷を受けたある一人の患者さんである。HMは少年時代から重度のてんかんを患っていた。この病気では、時折、脳の1カ所で多数の神経細胞が一斉に電気活動(てんかん放電)を始め、それが広い領域へと伝搬するため、けいれんなどの意図しない激しい体の動きが起きたり、意識を失ったりする。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。