いよいよASEAN経済共同体の設立が間近に迫る。だが、お手本の一つとしてきた欧州連合がギリシャ危機やナショナリズム台頭などで揺れ動く中、ASEAN域内でも内憂外患が続く。中国経済の減速はギリシャ以上に不安材料だし、米国の利上げ観測はアジア新興国からの資金流出を加速している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。