「関係性」をキーワードとする好著が相次いでいます。マッキンゼー出身の著名コンサルタントが新たな関係性分析を示した『循環思考』、古典の趣さえある『エコロジー的思考のすすめ』、元毎日新聞記者の著者が現在のマスメディア界の問題を書いた『「当事者」の時代』。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。