今や、書店に行けば、嫌中・嫌韓本が何種類も平積みにされ、電車内の中づり広告では、一部の週刊誌が毎週のように組む嫌中・嫌韓特集のタイトルが目に飛び込んでくる。嫌中がこれほど“メジャー”なテーマになったきっかけは、2010年9月に起こった、尖閣諸島中国漁船衝突事件だろう。さらに12年9月には日本が尖閣諸島を国有化し、これをきっかけに、猛烈な反日デモが中国全土に広がった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。