東芝の「不適切会計」を巡る問題は、歴代3社長らが引責辞任する事態に発展した。彼らを厳しく指弾する第三者委員会の調査報告書を読む限り、極端な上意下達と成果主義に走った典型的な「粉飾決算」の様相が垣間見え、司直の手による徹底捜査が望まれる。今回は、この事案を取り上げたい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。