「沖縄まで来て、どうしてラブホテルなんかに泊まらなければいけないんだ!」 今年2月半ば、沖縄・那覇では大きなアクシデントが起きた。中華圏の春節(旧正月)の影響で外国人観光客が急増。客室が不足し、ホテルに泊まれない観光客が相次いだのだ。慌てた旅行会社は、宮古島や久米島に振り分けた他、団体客を民宿や別のホテルに分宿させるなどして対応。どうにか“宿なし”の事態だけは避けられたが、予約したホテルに泊まれなかった観光客たちの怒りは収まらなかった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。