皆さんは、セカンドショット(2打目)で中途半端な距離が残ったときに、クラブは小さい番手と大きい番手のどちらを選択しますか?一般的なパー4の場合、セカンドショットはミドル~ショートアイアンを使って、グリーンを狙いますよね。このとき、「ピンまでの残り距離」と「使用する番手のフルショットの飛距離」がピッタリと一致することは少なく、大半はビトウィーンと呼ばれる「番手の中間の距離」になります。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。