何かと話題の安保法案と比べると地味で目立たないものの、今国会ではいずれ国民生活に重大な影響を与えることとなる刑事司法改革法案の審議も着々と進んでいる。改革の元凶となった張本人として多方面からこの法案に対する見解を求められていることから、この機会に思うところを示したい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。