米大リーグ(MLB)、テキサス・レンジャーズを5月に自由契約になった藤川球児投手。その後、彼の去就が注目されていた中で、最終的に選んだのは、日本への復帰だった。しかも古巣の阪神タイガースでなく、藤川投手の生まれ故郷の高知にある独立リーグ、四国アイランドリーグplusに属する高知ファイティングドッグスでのプレー。その男気溢れる選択に日本中は大いに沸き立ち、地元の四国アイランドリーグplusが一気に注目されるようになった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。