依然として絶大な影響力を誇るテレビCM。だが、その生態系をいよいよ破壊しかねない“時限爆弾”が存在するのをご存じだろうか。テレビCM制作業界の「2016年問題」(横山隆治・デジタルインテリジェンス代表取締役)である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。