イスラエルの対外インテリジェンスを担当するモサド、スパイ摘発やテロ対策を担当するシンベト、軍事インテリジェンスを担当するアマンなどの活動は、秘密の扉に閉ざされている。ギルボア、ラピッド編『イスラエル情報戦史』は、イスラエル当局が公認した初の論文集で、執筆者も各インテリジェンス機関の長を務めたことがある者を含む超一級の人物ばかりである。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。