遊撃手が人材不足だといわれて久しい。球界を見渡しても「これはうまい」と思えるショートが減ってしまった。守備にこだわってきた筆者としては、悲しい状況だ。もちろん、背景には野球人口の減少があるだろう。個人的に感じているのは、最近の選手はボールを投げることができなくなっているということ。野球教室で全国を回っていても、とんでもない投げ方をする子供がいる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。