6月4日、羽田空港の敷地内にある、全日本空輸の機体工場(ANA機体メンテナンスセンター)を訪れた。「イチ、ニ、サン、シー、ニー、ニ、サン、シー……」──。朝9時になると、初々しいような、気合の入っているような、そんな体操の掛け声が響き始めた。聞けば、今春に入社したばかりの新人整備士だという。女性の姿もチラホラ交じる。彼らは、国家試験に合格するまでに5年、一人前の整備士となるには、さらに経験が求められる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。