かつて「天下の台所」の中枢を担い、「水都大阪」のシンボルである中之島。堂島川と土佐堀川に挟まれた東西3キロメートルに延びる中州には、明治、大正時代に建てられた日本銀行や大阪市役所の他、大手企業の中枢機能も集積。経済、行政の中心地となっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。