タレント弁護士から転身、大阪の復権を目指して走ってきた政治家・橋下徹の野望がついえた。大阪都構想が住民投票で否決されたからだ。時に「独裁者」との批判も浴びた橋下だが、大阪市民の意識を呼び覚まし、低迷する大阪を変えなければならないと思わせた功績は否定できない。橋下は任期満了で職を辞するが、火が付いた市民は止まらない。今、大阪が変わろうとしている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。