ブレット・スティーブンズ氏は、「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙のコラムニストで、保守的な論客として知られている。『撤退するアメリカと「無秩序」の世紀』において、オバマ政権の弱腰外交を批判し、〈保守派の外交政策とは、人心を勝ち取ることではなく、諸外国にある種の習慣を持たせることだ。すなわちレッドラインを慎重に設定し、それを行使するときは徹底的にやる。正義ではなく抑止のために断固たる行動または予防的措置を取り、あからさまな秩序逸脱を罰するか予防する〉と強調する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。