震災復興や東京五輪の開催などで需要が急増し、活況を呈するゼネコン業界。だが、数年後には、そんな好環境も大手を除き、終わりを告げるかもしれない。公共工事はピークアウトとなり、五輪後の景気失速でゼネコン業界を取り巻く環境が厳しくなるのは明らかだからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。