東京貸ビル市場におけるテナント移動は、年間を通じて、いくつかの集中する時期がある。これは、超高層ビル時代の到来と、パソコンを中心としたオフィス革命の進行とが影響している。コンセントの電気容量が、1平方メートルあたり50ボルトアンペアが当り前の貸ビル機能として要求される時代。IT技術は、日進月歩の時代でもある。テナント企業のITシステム構築は、本社移転の都度、チェックやシステム更新が必要となる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。