5月21日、宮城県のコンビニエンストアで会社員の女性(47)が約4万5千円の釣り銭をだまし取ったという詐欺の容疑で逮捕され、話題となっている。店員が間違って釣り銭を多く渡しすぎたことが一因とされる一方、女性もその間違いに気づかなかったと述べているからだ。少額であればよくある光景であり、身につまされる方も多いだろう。そこで今回は、この事案を取り上げてみたい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。